大阪で看護師として働きたい方必見☆求人サイト比較ガイド

LINE UP

トップ > 大阪の看護師の求人について > 看護師の求人倍率はどのくらいになっているのか

看護師の求人倍率はどのくらいになっているのか

看護師になるのことは決して難しいことではありません。看護師の国家資格は90%近くの合格率となっているので、大学や専門学校でしっかり勉強すれば合格することが十分可能です。看護師は医療現場に不可欠な存在です。社会のためや命を救うサポートをしたいという方にピッタリの仕事だと言うことができます。そこで、気になるのは看護師の求人倍率だと思われます。求人倍率は、1人に対して何件の求人があるかを知ることができる指標です。これから就職や転職をする方は参考にしてみてください。全国平均の求人倍率は約2.7となっています。ただ、地域によって差があるので注意が必要です。青森は1以下となっていますし、岩手や群馬、島根、高知も低い数値となっています。一方で福島や長野、愛知、三重などは3倍を超えています。中でも愛知はなんと4倍以上となっています。

多くの地域で高い求人倍率となっているため、採用してもらえることは難しくないことが分かると思われます。ただ、就職したが1年や2年で辞めてしまうケースが少なくない現状があります。働く側と病院とでミスマッチが生じています。すぐに辞めてしうことになれば、大変な就職活動を再度行わなければいけなくなるので、納得して働くことができるところに就職することが大事になります。早く働くところを決めたいと考えて、最初から妥協してしまう方がいますが、その選び方をしてしまうと後悔することになる可能性が高いです。最初は条件を高く設定して、上手くいかなかった場合に少しずつ条件を低くしていくのが望ましいです。求人倍率が高いのに、最初から妥協して決めてしまうのは、本当にもったいないです。

看護師の方が職場を選ぶ際のアドバイスがあります。それは何かというと、給料などの待遇面だけでなく、労働環境も重視することです。まず、待遇面ですが、働くわけなので給料が少しでも高いところを選ぶのは当然です。給料の他にボーナスや退職金がどの程度貰えるか、福利厚生も充実しているかなども必ずチェックしてください。そして、労働環境も職場選びで無視できないポイントです。近年はワークライフバランスが重要視されている時代なので、残業を毎日させられたり、休日が少ないところは評価できません。いくら給料が高くても、長時間労働によって体を壊す結果になれば働けなくなってしまいます。労働環境は求人では分からないので、実際に働いたことがある人の意見を参考にするべきです。ネットに口コミが掲載されているので、職場選びの際に活用してみてください。

PAGE TOP